栗の渋皮煮

 
e0200734_18203319.jpg
 数年前、ある方から頂いた栗の渋皮煮が忘れられず、
私も久しぶりに(もしかしたら20年近く昔のことかも)作ってみました。

血液型がO型の雑な私。
「渋皮を傷つけないように鬼皮を剥きます」の最初に包丁を入れたところから
傷がついてしまいました。
「重曹を入れた水から15分程煮て、軽くたわしでこすり、つまようじで硬い筋を取り除きます」ありゃりゃつまようじでほじくるのが楽しくってやりすぎたら筋と一緒に渋皮もめくれて来ちゃうじゃん!!
「お好みでブランデーをどうぞ」我が家でよーく寝かせた年代物のウイスキーでいっか!
e0200734_18151390.jpg
 一晩味を染みこませ、大事に大事に頂きました。
謙虚な私は、頂き物の渋皮煮までとは行かなかった様に思いましたが、
優しい家族は「そんなことないよ、お母さんが丁寧に丁寧に時間をかけて作った渋皮煮は
十分に美味しいよ」と褒めてくれました。

 窓を開けると金木犀の強い芳香が庭いっぱいに立ちこめています。
金木犀の香りは突然に強烈にやってきます。それからオレンジ色のかわいらしい花がびっしりと咲き誇っているのを確認します。
 目から鼻か口から秋を十分に満喫することができました。
[PR]

by hareonnamasa | 2010-10-12 18:12
line

人生の午後をどう過ごしていきましょうか


by hareonnamasa
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31